野菜の生産活動を通じて障がい者福祉の未来をつくる

障がいを持たれている方は全国に約750万人(国民の約6%)いると言われています。福祉関係の施設での就労は徐々に増えていますが、企業への就職の機会は少ないと言わざるを得ません。当施設では、野菜の水耕栽培による就労機会を広く提供するとともに、地域社会の多様化と成熟に貢献します。

野菜の生産活動を通じて障がい者福祉の未来をつくる

障がいを持たれている方は全国に約750万人(国民の約6%)いると言われています。福祉関係の施設での就労は徐々に増えていますが、企業への就職の機会は少ないと言わざるを得ません。当施設では、野菜の水耕栽培による就労機会を広く提供するとともに、地域社会の多様化と成熟に貢献します。

SERVICE

ソーシャルハウスとは

01.水耕栽培作業

季節や天候に影響を受けることなく、安定した野菜の生産が可能な植物工場という安全な環境の中で野菜の栽培をしていただきます。野菜を育てる楽しさを感じながら、作業をすることができます。

02.自立訓練プログラム

ソーシャルハウスでは普段の生活で必要となってくる「機能訓練」「生活訓練」「社会訓練」の3つのプログラムを実施し、障がいを持たれている方でも自立した日常生活を送ることができるよう支援しています。

HOW to USE

利用するためには?

ソーシャルハウスを利用するためには、
いくつかの申請が必要となります。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ